NY生活_逃亡者 その1

ニューヨーク、、、 ここでも、事件は、毎日起こっている。

 
マンハッタンにある総合病院で、
 
この10月に
 
精神科の入院病棟から 逃亡者がでた。病院の
1階には警備員のほか、警察官も常勤しているから
逃亡者Mr.Azは、警察官に取り押さえられて、また病棟へ戻った。
 
そもそも、
Mr.Azはなぜ、入院していたかというと、
住まいのアパートの屋上から自殺しようと したが、
アパートの住人が止めにはいると、彼は、持っていたナイフを振り回した。次に、
警察官が来た。
その警察官にもナイフを振り回し、来るな、止めるな、と言った。
 
自殺行為をしないように、精神科に入院していたが、2ヶ月後に
逃亡した。
精神科病棟の、ドアは2重で、それぞれのドアには鍵がある。
その鍵がドアに刺さったままだったから、彼は逃亡するチャンスを見つけた。

友人の勤めるその病院で今問題なのは 鍵を管理していた その責任を改善することだと言う。
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中