アメリカで就職、退職の手順。

日系企業の一例ですが、日本から駐在で来て、だいたい3年で帰国していきます。現地採用者も3年くらいのサイクルで変わります。同職場滞在期間は短いです。現地採用者は仕事しながら、次の仕事を探しています。会社は欠員がでたら、採用を行います。

  • 転職は、年俸を上げる方法だからです。

プロのリクルーターに登録をして、気長に見つけてくれるのを待つのもあり、だと思います。ポジションが空いたら連絡をくれます。

入社後3ヶ月は給与が少し安い期間を設定して、会社も働く人も様子を見るというやり方を実行しています。1-2年くらい働いた後にも、会社から退社してほしいと3度警告後、退職した例もあります。

  • 失業保険を受給したいと申請すると、

Labor Departmentから会社に手紙で、申請した人について退職理由は、就業期間はなど、申請書と相違が無いこと確認するようです。会社都合の退職なら、即失業保険が受給できます。コロナウィルスのパンデミックなど、天災のような、社会的事情のために失業保険を申請すると即、受給となります。

私は自己都合で退社すれば、次は、期間限定で働くところを探したいと考えています。期間限定の仕事を終了すると、退社理由が会社都合となるからです。自己都合で会社を辞めても、6ヶ月後に、退社後6ヶ月間仕事を探したが見つからなかったという理由で失業保険申請が受理される場合も。

  • 退職金を会社が出すことはほぼ無いので、

各自、401Kなどを給与から天引きで、Payrollから積み立てるなど退職後に備えていく方法もあります。401Kを会社が給与の3%-5%の補助を支払ってくれる場合もあります。あくまで個人の積み立てなので、個人の自由です。健康保険などの加入も個人の選択です。

公的年金のような、social securityという給与から税金のように引かれるものは老後資金となります。10年の期間働いた条件が必要です。62歳から受給できるが、67歳から受給する場合の額より半分くらいになります。70歳までまてば、より高い金額が受給でるとか。繰上げ受給ですね。

駐在社員のAkiさんはプラントに、はまりました。俺がいなくなったら、この子たちはどうやっていきていくんだろ?とつぶやいていました。鉢植えに水をやり、いろいろな植物用グッズも、プラントもつい買っちゃったとオフィスへ持ってきました。鉢植えのおき場所も日当たり平等にと、よく変えていました。
 
彼は鉢植え全部にあふれるほど水をあげていました。帰国後、
誰が面倒をみるか、役割を分担しました。アメリカ人のAnはアフリカの木だけ私が面倒みるので、後はおねがいね。とのこと。
オフィス内の、ほかの20くらいある小さめの鉢は私が水やりをすることになりましたが。
  • アフリカ原産の木は重くて、鉢も大きい。
その後、木の下のほうの葉から変色してきて、枯れた葉っぱが落ちました。その葉は、うちわくらい大きいのです。5枚くらい枯れた葉が落ちてから時々水をあげるように、すると葉っぱは緑のまま、枯れなくなりました。
 
 
 
最後に、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

帰国する前日には俺のマンションにあるのをオフィスに置いてくよと、持ってきたのは、大きなしだの鉢でした。フッサふさのふわふわの細かい葉です。彼は、NYで住んでいるアパートをマンションと呼んでいて、現地のアメリカ人を驚かせました。すごい金持ちなんだね、と、、、日本でいうマンションは、アメリカではアパートといい、マンションとは、城などのようです。
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中