NY コリアタウンの冷麺

こんにちは、conocoです。
 
暑い夏に一度は、食べたい韓国冷麺を食べることになりました。ニューヨークのクイーンズのコリアタウンです。Northern Blvd.沿いには韓国料理店が多いのですが、Staplesという事務用品や学校用品の店の向かいに新しい店ができていました。冷麺専門店のようです。レストランといえば、2020年3月頃からはレストランへ行くこともなかったので、久しぶりの店内食に緊張もしました。このお店はコリアタウンの韓国料理店とはちがって、店内に入ると、まず注文と、お支払いをします。それから、好きな席に座ります。お水かお湯がほしい場合、自分で、水とお湯の出る給水機からもらってきます。そして、食事の前にずらりと並ぶ、韓国惣菜のお皿も出てきません。店内はきれいで、新しいです。料理ができたら受け取りに行きます。本格的な本場韓国の冷麺です。食べ終わると、トレイごと返却コーナーに食器を戻します。チップ無しのところがいいですが、新しいやり方だと思います。セルフサービスのお店だったとレストランを出てから気がつきました。大きめサイズのサウナ、スパ内にあるレストランのようなセルフサービス方式です。お値段は冷たいスープの冷麺も辛いソースの冷麺も14ドルくらいです。お隣の席のテーブルは、さば塩焼き定食、そちらももおいしそうでした。

冷麺と向かいはビビン麺(辛い冷麺)
NYCクイーンズの北方面に韓国街がある。韓国料理店も多く、韓国カフェも多くある。冷麺はゆで卵半分、(ゆで卵半分の黄身を上にして置くとすべりやすいからか、黄身の見えない状態で出てきた)牛肉の薄切り1枚、 梨かりんご薄切り1枚、 きゅうりと大根の薄切りはたっぷりと、極細の麺と、おいしいスープに入っている。はさみで、麺を切ってからスープの中で混ぜて、麺をすする。スープもすっきりと冷たく、さらりと食べてしまう。麺はサツマイモからできているとか。ビビン麺は、辛いが、うまみがある、おいしい辛さ。

レストランでスポーツ新聞を見つけた。表紙がBTSの7人組み。NYにくる予定のようで、韓国語は(たぶん、)21世紀ポップアイコン来る。BTS、BBCラジオショーに出演が決まったそうだ。Butterは曲名でヒット曲らしい。ファンの年齢層が幅ひろい。

最後に

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。アメリカのコリアタウンはロサンジェルスが大きく、次いでニューヨーク、ニュージャージーのようです。韓国へ行ったようだと思えるかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中